外壁塗装や屋根の修理・リフォームを検討|大改造計画

モップを持った男性

屋根の構造

屋根の工夫に関する事

屋根は住宅において非常に重要な役割を持っています。それは雨や雪などの気象現象から住宅を守ることであり、また太陽の直射日光を防ぐ役割でもあります。 現在地球温暖化などの影響や、都市部においては熱がこもることで生じるヒートアイランド現象などもあって、夏場はかつてないほどに暑さが厳しくなっています。さらにそんな熱が住宅にこもることで、夜間も暑い熱帯夜も増えています。 そうしたことから注目されているのが、屋根の断熱リフォーム工事です。これにはいくつか方法があり、一般的なのは屋根裏に断熱材を敷き詰める方法です。 直射日光によって屋根が暖められ、その熱が屋根裏を温室のように暖め、さらにその熱が室内に侵入して室内を高温にしてしまうという悪循環を止める効果を期待できます。

リフォーム工事の現在

屋根のリフォーム工事は定期的に行う事が求められています。というのも、住宅において雨や雪、さらに直射日光にさらされることで劣化が激しい場所であるためです。 一般的には10年毎に、塗装を行うことが必要とされています。さらに20〜30年毎に屋根材を交換することが求められています。 屋根材として日本で広く用いられてきた歴史を持つ瓦ですが、現在では瓦を下ろしてガルバリウムなどに交換する工事も人気です。 新築住宅においても、値段の安さなどからガルバリウムやアスファルトシングルは人気ですが、既存住宅においてはいわゆる地震対策工事の一環として行われています。 地震に対しては重たい屋根は揺れによる倒壊の危険性が高まるとされているため、瓦屋根は重たいために下ろす動きが広まっています。